不眠の解消

睡眠を良くする食べ物

メラトニンというホルモンがしっかりと分泌されると良く寝ることができます。メラトニンがたくさん分泌されるためには、メラトニンの材料になるセロトニンというホルモン(幸福のホルモンとも言われている)が日中にしっかりと分泌される必要があります。

セロトニンの分泌を良くする方法はいくつかありますが、今回は食事編。セロトニンの材料はトリプトファンというアミノ酸です。トリプトファンを上手に摂取することが、セロトニンの分泌を良くします。セロトニンの分泌が良ければ睡眠のホルモンであるメラトニンの分泌が良くなります。

どんな食材にたくさん含まれているかというと、トリプトファンはアミノ酸なのでタンパク質の多い食材にたくさん含まれています。豆腐納豆などの大豆食品、牛乳チーズなどの乳製品、ピーナッツアーモンドなどのナッツ類、バナナなどです。

牛乳やチーズを食べるとか、ヨーグルトのバナナを入れて食べるとか、砕いたアーモンドをサラダにかけて食べるとか。ちょっと献立を工夫して、より良い睡眠を得てみてはいかがでしょうか。

免疫力UP!

ブロッコリーはすごい

緊急事態宣言が出てしまいましたね。感染者数も増えていますね。しばらくはこのような生活が続くのかも…。

こんな時は免疫力をUPさせねば。

免疫力を強化するためには
我々のような専門家のもとでリンパ療法によって
リンパの流れを良くするのが1番ですが
おすすめの食べ物があります。

それはブロッコリーです。
ブロッコリーはビタミンCを多く含んでいます。
そのビタミンCは免疫力の強化や肌の調子を整えるのに役立つとされています。

漢方的にも免疫に関わる臓器のひとつである腎(生命力を蓄え、体の水分調節や排尿のコントロール、生殖能力や免疫、成長や発育などを支える役割がある臓器)の機能を高める働きが強いとされています。

調理方法としてはビタミンCは水溶性ですので茹でると減少してしまいます。
電子レンジで加熱するのがおすすめです。

ブロッコリーを食して
免疫力をUPしましょう!

ホームケア

ホームケア

緊急事態宣言が出てしまいましたね。ますますお家時間が長くなりカラダも心も参ってしまいますね。

カラダを動かさないと筋肉が硬くなってしまいます。筋肉が硬くなっている状態は筋肉が緊張している状態、交感神経が優位になってしまっている状態です。リラックスできず、よく眠れない朝起きても疲れが取れない寝付きが悪いなどの症状が出てしまうことも。また、血液やリンパの流れも悪くなるので、疲れが取れない肌が荒れるむくむ免疫力が低下するなどカラダにいいことはありません。

我々専門家にみてもらうのが1番ですが、お家で簡単なケアをしてみてはいかがでしょうか?

ストレッチポールの上に仰向けで頭とお尻を乗せて寝ます。そして両手の肘を床につけます。この状態で5〜10分過すだけ。

ストレッチポールが無い場合は毛布などを直径が12〜15cm丸めた物でも代用できます。

是非、寝る前などにお試しください。

はじめまして

フリーランスで整体業をはじめました川崎です。

現在は提携サロンで施術を行っています。

いずれは出張施術も行いたいと思っています。

よろしくお願いします。